まさかこんな方法が!日本でできる身長を伸ばす手術

日本でもできるイリザロフ法

身長は成人すると骨が固まり伸びることはありません。しかし低身長に悩む方も多いのは事実です。イリザロフ法というのは手術で骨折させた付近に足の外から器具を装着し、ねじで骨を広げていく方法です。見た目は悪いですし、激痛を伴いますがなんといっても全体重をかけて歩くことができるので、気軽に外へ出歩くことができます。ちなみに伸ばすスピードは一日1ミリですが実際は少し遅いようで、0.75ミリや0.5ミリなこともあるそうですよ。

最近日本でできるようになったISKD法

ISKD法はイリザロフ法と同じように手術で骨折させるところまでは同じですが、ひざ下を伸ばす場合はひざ付近を切開し骨の中に外部からの操作で伸びる棒状の器具を入れます。海外では磁石が入っている器具を入れ外部から時期を発生させる装置を使って骨を伸ばしますが、日本ではまだ認可が下りていないため、足首をひねって基部と骨を伸ばすものが一般的になっています。手軽なのは自宅でもできる日本のタイプなので、どちらがいいかは一概には決められませんね。

身長を伸ばす手術の注意点

まず保険がききません。低身長が病気と判断されれば聞く場合がありますが、そうでない場合は美容整形の部類に入ってしまうので、900万円ま見積もったほうがいいでしょう。また筋肉が多ければ多いほど伸ばすのに有利ですので、医師から事前に筋トレを命じられる可能性があります。神経や筋肉、血管がつながっているアキレス腱は身長が伸びるのつれ攣ってきますので、想像以上のストレッチをしなければなりません。身長を伸ばすことは並大抵のことでは無理という事ですね。

フォトフェイシャルはシミ取り治療機器でメラニンや毛細血管などのターゲット部分だけに反応するため、肌のダメージを最大限に抑える事が出来ます。